お金・資産運用

『2022』メタバース、NFTまだ間に合う!この流れに乗り遅れるな!

『2022』メタバース、NFTまだ間に合う!この流れに乗り遅れるな!

『2022』メタバース、NFTまだ間に合う!この流れに乗り遅れるな!

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0


どうも僕クマです。最近メタバースって言葉よく聞きませんか?


このメタバースは一部の企業やお金持ちだけではなく実は僕たち一般人にも重要かつ稼ぐチャンスがあるものなんです。


◎自己紹介

こんにちは僕クマ@副業アドバイザーと申します

サラリーマンをしながら、様々な副業、資産運用に取り組んでいる

30代の三人の子供のパパです。現在は物販とSNSを使った副業で毎月5万円ほど副業収入ができお小遣い+副業収入を投資に回しています!


今回は今話題のメタバースって?稼ぐの定義が変わる!についてお話ししていきたいと思います。今回の記事を読んでもらえばメタバースがどんなものなのか、僕たちにどんな恩恵をもたらしてくれるのかがわかりますから、最後までご覧いただき

ぜひあなたの知識の一つにしてみてください。


僕たちが、本業にしろ副業にしろお金を稼ぐためには経済の状況を、流れをある程度知っていなくてはいけません。さらに投資などをしているなら、詳しく知る必要がありますよね。


メタバースとは



では、まずメタバースとはなんなのかをお話ししていきます。


いきなりメタバースと言われてもピンとこないかもしれませんが、映画サマーウォーズの

「OZ」やアニメ「ソードアートオンライン」などをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。


しかし、これまでも仮想空間とは言わずともその概念に近しいものは色々ありました。今回のメタバースはこれまでのバーチャルと何が違うのか?


1建物や土地を売り買いできる


これまでのバーチャル空間と何が違うのか、まずはこれですよね


実はこれまでのバーチャル空間で目指してきた形やゴールは一緒なんです。

ですが今声高に叫ばれているメタバースでは、その仮想世界独自の通貨を発行できる。その中で土地や建物を売買したりバーチャル美術館やバーチャルコンサートなどを行うことができ、現実と同じような生活やビジネスができるようになります。


しかもその通貨はメタバースの運用企業が倒産してもデジタル上に残り続けるブロックチェーン仕組みが用いられています。


随分昔にバーチャル空間として流行したセカンドライフでもリンデンドルという独自通貨がありましたが、あの時代にはブロックチェーン技術が無かったため運営企業が倒産すると通貨が消え去り価値がゼロになってしまうというリスクがありました。


ここで話しているメタバース上の通貨は現実社会とも繋がってるので、現実でも価値がありますし、それ以外では実際にメタバースに出稼ぎに行ってリアルな生活費、つまり仮想通貨を稼いでくる人達も出てきてます。



2ネットでの距離が近くなる


みんなが使っている SNS がもっと距離が近いものになって、友達がすぐ隣に横に存在してるぐらいの感覚にまで近づいてきます。


今までの SNS はテキスト画像、動画と言った瞬間瞬間を切り取ったものでしかなかった訳ですがメタバースはつながりをよりリアリティがあるものにしてくれます。


日常だけでなくビジネスにも応用が利くので例えば、商談イベントなども地方や世界中からわざわざ泊まり込みで集まるのではなくて, VR ゴーグルやブラウザでアクセスして自宅から職場で仕事をしているのと同じような仕事の成果を上げられるようになります。



3ネットで仕事をしてお金を稼ぐが当たり前に

さらにメタバースで生活する人たちが大勢出てくることになります。既にアクシーインフィニティという海外のゲームでは、


ゲーム内のキャラを育てライバルと戦ったり、キャラを売ることで月に数十万円を稼いで生計を成り立たせ背ている人たちがいます。


いずれにしてもメタバースは自由に時間を設定できるゲームと非常に相性が良いことから数年以内にゲームとメタバースを合わせることが確定的な状態です。

となると人々はメタバース上のモンスターを狩る出稼ぎに行って、リアルな生活費をまかなうというのが当たり前になるということです。


4今メタバース市場は大きくなっている


今現在では、メタバースが幅広く浸透しているかというと、そうではありませんが、元フェイスブック社のメタはアメリカでサービスを展開し始めました。また、ナイキやアディダス、スクエニといった大手企業がメタバースに大量の資金を投入してきています。


つまり僕たちは、お金が動くところで、どこにお金が動くのかを見極めお金を稼ぐことが一番効率的です。


さて、いかがでしょうかメタバースって今までのバーチャルと変わらないんじゃないの?と思っていた方も


メタバース空間を使うことで今まで価値がつかなかったものに、価値をつけて販売することができるようになりました。つまり、今しっかりとポジションを取っておくことが重要です。



具体的な事例


それでは、ブロックチェーンを利用したメタバースの具体的な事例をお話ししていきます。メタバースを構築していく上でブロックチェーンは必要不可欠です メタバースの概念である経済を持った仮想空間という特徴の通り、その経済圏を維持発展させていくためには何らかのインセンティブ設計が必要です。


このような仕組みが存在するおかげで経済圏拡大していくスピードを格段に向上させることができるのです。そこで、ここではメタバースとブロックチェーンの親和性についてフォーカスしていきます。


解説するのはブロックチェーンの上で成り立っているトークンと NFT と呼ばれる二つの技術のメタバース上での活用方法についてです。


1トークンエコノミーの構成

特定のサービスやプロダクトに限定して使用できる通貨をトークンと呼び、そのようなサービスやプロダクトを中心に循環する小さな経済圏をトークンエコノミーと呼びます。


ただしメタバースとトークンエコノミーの関係を語る上では上記のサービスやプロダクトという部分がメタバースという言葉に置き換わっていきます


つまり一つのメタバースを中心に循環する経済圏をトークンエコノミーと呼びます。


トークンエコノミーを構築するメリットは多方向への経済活動が可能になる点です従来のオンラインゲームにおいてゲーム内の通貨を入手する際には運営から購入する必要がありました


しかしトークンエコノミーを構築することで必ずしも運営からトークンを購入する必要がなくなったのです。創作活動などを通して メタバース を発展させる貢献をしている人は他人の人から受け取れる可能性があります。


このようなインセンティブ設計によってユーザ同士の経済活動を活発になり経済圏の拡大につながっていくのです。


トークンはブロックチェーン上で管理されているためそのトークンが本物か偽物かは一目で分かります


このような特徴によりトークンエコノミーは自立的かつ安全にメタバースの活性化を促すことができ最終的に現実世界と遜色がない経済圏をバーチャル上に構築することができるのです


2 NFT の活用

ブロックチェーンを活用したメタバースには NFT の活用も不可欠です


 NFT とは非代替性トークンと呼ばれます。 NFT はブロックチェーン上に構築されるデジタルデータであり仮想通貨と同様に所有や譲渡に関する記憶が改ざんされにくいという性質を持ちます


これまでのデジタルデータは誰でも簡単にコピーが可能であり、それゆえに価値がつきませんでした


しかし NFT であればブロックチェーンを活用することで当該データの 唯一性が証明できます。端的に言えば複製できないデジタルデータであるという証明ができるようになったのですその結果 NFT が有する希少性や有用性に応じた価値がつくようになったのです


 NFT が仮想通貨と異なるのはデータとして代替不可能であるという特徴を持っている点です


 日常生活で使用している日本円そして仮想通貨などの通貨は価格の大罪が可能です


例えば Aさんが持っている100円を B さんが持っている100円に交換しても100円相当の物やサービスと交換できるという価値は変わりません。


同じく仮想通貨でも1ビットコインを別の 1ビットコインと交換してもその価値は変わりません。


一方で NFT の場合は A さんが所有する NFT と B さんが所有する NFT とではその価値が全く異なる場合があります。


例えばもし B さんが国民的スターのアイドルやったとしたらその Bさんが所有している NFT であるというプレミアがつくのは想像しやすいでしょう。このように NFT は価値の代替えが不可能なデジタルデータなのです。


このような NFT を メタバースに活用することでメタバースの可能性を拡張できます。


なぜならば所有権やプレミアムの照明を NFT で行うことで メタバース上で提供させるサービスやプロダクトの幅が広がるからです。


実際に NFT が活用されている事例


 NFTが活用されている事例を見てみると


・土地

・建物

・デジタルアート

・チケット


など多岐にわたっています。


特定の NFT を所有している人のみ出入り可能な土地や建物を作ったりNFTの所有に応じてメタバース上で受けられるサービスが異なるシステムを展開することで、表現の幅や楽しみ方が拡大するのはもちろんメタバースでの女将を構築するにあたっても飛躍的に可能性が広がります。


以上の理由により NFT が メタバースに与える影響は非常に大きく今後さらなる発展に必要不可欠な技術であると理解できるでしょう。



では次に今実際お金を稼ぐというところを目的にして メタバース 又は NFTを活用してできることとはどんなことがあるのか、その部分についてお話ししていきたいと思います。 




今、お金を稼ぎやすいメタバース関連

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

-お金・資産運用