YouTube・動画編集

初心者クリエイターが、月74万円稼いだ方法

初心者クリエイターが、月74万円稼いだ方法

初心者クリエイターが、月74万円稼いだ方法

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

「スキルは無いけど会社を辞めて自由に働きたい」

そう思って独立し、数か月後に74万円を稼いだ方法を26000字超えでお伝えします。

----------


あなたは今、どんな生活をしていますか?

この記事を読んでくれているあなたがどんな人なのか、想像しながらこれを書いています。

学生でしょうか?

それとも会社員?

フリーター?

主婦?

子育て世代?

色々な方がいると思いますが、きっと、

「自分の力でもっとお金を稼ぎたい」

と思っているのではないでしょうか?

僕もずっとそう考えて走っています。


この記事は、このような方を対象に書きました。

・自分の力でお金を稼ぎたい
・給料以外で月30万円や50万円などを稼いだことがない
・安い単価の仕事ばかりで疲れている
・これからスキルを身に付けて稼ぎたい
・独立して自由に生きたい
・自分の人生を充実させたい

この記事には、クリエイターとしてのスキルが無かった僕が、会社員を辞めて独立し、数ヵ月で月74万円を稼げるようになったノウハウを詰め込みました。

以前はブラック企業で働いていた僕でしたが、現在は独立し、

・大好きな家族と暮らしながら、自宅で働く
・好きな時に仕事をし、好きな時間に寝る
・趣味に没頭する時間がある
・収入も増え続けている

という幸せな生活ができています。

「この短期間で、人生ってここまで劇的に変わるのか!」と本気で驚いています。

この経験を色々な人に役立ててほしいと思い、以下の内容を記事に詰め込みました。

・ブラック企業から逃げ、独立した方法
・独学のみでスキルを身に付けた方法
・具体的な仕事の取り方
・単価アップのコツ
・自分らしい生き方を守るための哲学
など

これからスキルを身に付ける人から、すでに仕事を取っている人まで幅広い人の役に立ちたいと思って書いたので、少し長い読み物になります。

僕の人生を詰め込んだ内容になっていますので、お役に立てる部分は少なからずあると思います。

また、僕は以前、営業マンとして月100万円以上を稼いでいたことがあります。

おそらくこの時に得た営業スキルも活きていると思うので、その営業スキルも合わせて、あなたにお届けします。


自己紹介

改めまして、こんにちは。「とし」といいます。

簡単に自己紹介をさせてください。

フリーランスとして独立する前の僕は、生気が抜けたような生き方をしていました。

会社の圧力、上司の圧力、慢性的な睡眠不足によって、体も心もすり減るような生活。

ある時、外回りの営業で車の運転をしていたら、急に涙がボロボロ溢れてきて止まらなくなりました。本当に、急にです。

「え?俺なんで泣いてんだ?」

わけがわからず混乱しましたが、今思えば様々なストレスが積もり積もっていた時期でした。

「あぁ、そっか。体が『もう限界だよ』って伝えてくれてるんだな。」

そう思い、その日を機に退職することを決めました。


それから独学でスキルを身に付け、営業マンの経験も活かし、独立して個人の力で月に74万円ほど稼げるようになりました。

現在(2022年1月)は、主に動画編集やWebサイト制作等を仕事にしています。

1日6〜8時間くらい好きな時に働いて、妻・子供2人の3人を養いながら生活をしています。

あの時の地獄のような労働環境と比べると天国のようです。笑


会社員を辞めるまでは、個人でお金を稼いだことはありませんでした。

現在でも、スクールにも通わず、教材も買わず、独学でここまでやってきました。

動画編集やWebサイト制作のレベルも、すごく高いとは言えないでしょう。

では、どうやって月74万円稼げるようになったのか

高い技術を持たない初心者クリエイターでも稼げるようになる方法を、具体的な僕の経験と合わせてお伝えします。


ブラック企業から逃げ、独立した方法

色々なノウハウをお伝えする前に、僕が会社を辞めて独立するまでの具体的な経緯をご紹介します。


・24才で建築関係の営業会社に就職(B to C)

僕が最初に勤めた会社は、長時間労働のブラック企業でした。

深夜まで働いたり、会社に寝泊まりして働く日も多かったです。

休みもろくに取れず、睡眠不足と仕事のストレスで疲弊する日々でした。

2~3年で月100万円の給料を達成しましたが、生活は充実していませんでした。

・激務とストレスに耐えられず、4年半で退職

仕事量が多すぎたことで慢性的に睡眠不足でした。

さらに部下がついたこともあり、仕事のプレッシャーは増していきます。

そして会社の体制も変わっていき、お客様へのサービスの質が悪くなっていきました。

僕は結婚して子供がひとりいたのですが、家族との時間は全然取れません。

心身ともに限界が来て、4年半勤めた会社を退職することに決めました。

・会社を辞めたら、どうやって稼ごう?

辞めると決めたのはいいものの、次はどうやって働こうかイメージできませんでした。

退職時には1か月以上の有給休暇があったため、その間に転職先を探しながら、Google・SNS・YouTubeなどで、色々な働き方の人を調べました。

ユーチューバー、ブロガー、アフィリエイター、動画編集者、プログラマー、トレーダー...

組織に頼らず個人でお金を得ている人が沢山いることを初めて知り、衝撃を受けました。

(それまではTwitterもYouTubeも見ることが無かったのです。)


「自分も、個人で稼いで生きていきたい!」

日に日にその欲求が大きくなっていきました。

「でも俺、なんにも稼げるスキル持ってないよな...。」

そう、営業経験はあったものの、個人でお金を稼ぐスキルは無かったんです。

そこで、

「急に独立は無理だから、スキルを身に付けられる職場に転職しよう。」

こう考えました。

その後色々あって、知り合いに紹介してもらった建築関係の会社で、広告やデザインなどを業務として就職しました。

その会社は社員数が5人程度で、広告やデザインを担当している人は居ませんでした。

そのため、自分で調べながらデザインソフトなどの使い方を覚えていくことに。

そうやって少しずつスキルを上げました。

定時で帰れる会社だったため、帰りに喫茶店に寄ってスキルを上げるための勉強をし、家でもスキマ時間にスキルアップのための行動をしていきました。

転職から1年経った頃、とあることがきっかけで、「このタイミングで会社を辞めよう」という日が訪れました。

まだまだ独立の準備などしていなかったのですが、思い切って退職を決めたのです。


・独立までの準備

退職することを伝えて独立したのはよいものの、僕は副業すらしたことがなく、自分でお金を稼いだことがありませんでした。

だいぶヤバい状態ですよね(笑)

退職前に2週間ほどの有給休暇があったので、その間で仕事を得るための行動をしていきました。

(詳しくはこの記事内で説明します。)

最初の頃のプレッシャーはものすごかったです。

想像してみてください。

もうこの先、会社からの給料は入ってこないんですよ。

「とにかくなんでもいいから、家族を養う生活費を稼ぐぞ。なんだってやってやる。」

その一心でした。

一心不乱に朝から晩まで情報収集をして、デザインや動画編集のスキルを上げて、同時に営業もしていきました。

すると、初月で37万円という金額を受注できました。

妻と子供2人を養うことを考えると、心許ない金額でしたが、自分にしては上出来でした。

そして、少しずつ余裕が増えていき、数ヵ月後。

ひと月で74万円を稼ぐことができました。

ちなみに激務ではなく、

・睡眠は毎日8~10時間
・趣味の時間に週12時間以上使う
・クリスマスなどのイベントは優先して休む
・仕事は1日6~8時間

という生活でした。

この通り、全然無理して働いていません。

これは自分自身でも本当に驚きです。

それまでの僕の常識では、74万円を稼ごうと思ったらめちゃくちゃ必死に働かないといけないと思っていましたからね。

「これなら、仮に睡眠時間と趣味の時間を少し削れば、月100万円も普通に稼げるな」という自信ができました。

一度個人で稼げるようになると、不思議と心も落ち着いてきます。

ちなみに、74万円を稼いだ時の内訳はこのようになっています。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

-YouTube・動画編集